u2_nakamura

恋愛

【歯科衛生士版】社内恋愛あるある

長年、歯科衛生士をしていると、楽しく愉快な社内恋愛あるあるがたくさんありますよね。ほとんどの歯科医院には、男性は歯科医師しかいないので、歯科医師と歯科衛生士の恋愛と限定されてしまいますが…歯科医師と歯科衛生士は、毎日のように顔を合わせ隣同士、パートナーのようなスタンスで仕事をしているので、恋愛に発展するのもわかりますよね。
転職日記

結婚・出産で諦めていた歯科衛生士として活躍すること 再チャレンジで気付けた私なりの働き方

歯科衛生士のほとんどは女性です。そして、女性にとって大きなライフイベントには結婚と出産があり、それを機に歯科衛生士として働くことを完全に辞める人が少なくありません。私は歯科衛生士として働き始めたときには「結婚しても、出産しても、絶対に歯科衛生士としてまた復帰する!」と強く思っていました。今は女性も働くことが当たり前、男性も家事や育児をすることが当たり前の世の中です。
転職

歯科衛生士がスムーズに退職するポイントは?注意点や退職届についても解説

歯科衛生士として働いていると、いつかは歯科クリニックを退職するときがやってきます。そのとき「どのように伝えれば良いか分からない…」「退職届けはどうすべきなのか…」といった悩みがつきまとうものです。そこでこの記事では、歯科衛生士が歯科クリニックを円満に退職するときのポイントを解説します。
転職日記

恋愛を楽しめない毎日から抜け出そう! 20代女性歯科衛生士のリアルな悩みは転職が解決した

私は横浜市内で歯科衛生士として働く20代の女性です。私の周りには短大でOLになった友人がたくさんいて、毎晩LINE電話で社内恋愛や合コンの話ばかりしてきます。「同じ部署の先輩といい感じなってて、今度二人で飲みに行くんだ!」「この前ね、合コンで知り合った人がすごく良い人で付き合うことになったの!」「夏休みには彼氏と旅行しようと思ってるんだけど、どこがいいかな?」本当は私も友人たちと同じように恋愛を楽しんでいて、恋愛トークに花を咲かせているはずでした。
転職日記

給料手取り2倍以上の転職を実現した私の転職は、 たまたま出会った歯科衛生士の一言からはじまった。

高いスキルを身に付けれる反面、給料の安い歯科クリニ...
転職

歯科衛生士として将来に悩む…何に手を付ければ良いか迷っていませんか?

歯科衛生士として働いていると、様々な悩みを抱えるものです。そのなかでも、①人間関係の悩み、②福利厚生の悩み、③将来への悩みといったものが多く挙げられます。今回は歯科衛生士の悩みのなかでも、どうすればよいか分からずに放置したままであることが多い【将来への悩み】についてお話をさせていただきます。最後まで読んでいただければ、歯科衛生士として働き続けることに自信を持てるようになるはずです!
転職

歯科衛生士は福利厚生の悩みがつきもの…仕方がないと諦めていませんか?

歯科衛生士として働いていると、様々な悩みを抱えるものです。そのなかでも、①人間関係の悩み、②福利厚生の悩み、③将来への悩みといったものが多く挙げられます。今回は歯科衛生士の悩みのなかでも、諦めている人が多い【福利厚生】についてお話をさせていただきます。最後まで読んでいただければ、あなたの抱える悩みが実は諦めなくてもいいことに気付き、安心した生活を送るための第一歩を踏み出すことが出来るはずです!
転職

歯科衛生士は人間関係の悩みを抱えがち…あなたも巻き込まれていませんか?

歯科衛生士として働いていると、様々な悩みを抱えるものです。そのなかでも①人間関係の悩み、②福利厚生の悩み、③将来への悩みといったものが多く挙げられます。今回は歯科衛生士の悩みNo.1ともいえる【人間関係】についてお話をさせていただきます。最後まで読んでいただければ、あなたの抱える悩みが実は重大であることに気付き、解決のための一歩を踏み出していただけるかと思います。
仕事

【歯科業界専門キャリアアドバイザー】国民年金と厚生年金の違いって知ってますか?

年金は、私たちの老後の生活を支えてくれる大切な財源です。ひとくちに年金といっても何種類かあるみたいだけど、どう違うの?と思ってる歯科衛生士さんは多くいらっしゃるようです。何となく、厚生年金ってよく聞くけれど、詳しくは知らない。そんなあなたのために、国民年金と厚生年金についてご紹介します。
横浜

歯科衛生士、東京より横浜が働きやすい理由

東京のおしゃれで綺麗な歯科医院で働くことは、歯科衛生士なら誰でも一度は憧れるものですよね。私もそんな歯科衛生士の1人です。しかし現実的考えると、家賃や食費など生活にかかるコストがかなり高くなり、東京で働くのはなかなか難しくなってしまいます。この記事を読んだあなたは、横浜で歯科衛生士になることに魅力を感じることでしょう。