横浜

横浜

歯科衛生士、東京より横浜が働きやすい理由

東京のおしゃれで綺麗な歯科医院で働くことは、歯科衛生士なら誰でも一度は憧れるものですよね。私もそんな歯科衛生士の1人です。しかし現実的考えると、家賃や食費など生活にかかるコストがかなり高くなり、東京で働くのはなかなか難しくなってしまいます。この記事を読んだあなたは、横浜で歯科衛生士になることに魅力を感じることでしょう。
横浜

歯科衛生士が優遇されている場所。それは横浜にあった!

「地域や都道府県によって歯科衛生士の待遇は変わる?」「やっぱり東京の方が給料は高い?」と気になったことはありませんか。歯科医院は全国にありますが、地域によって傾向や待遇は異なります。歯科衛生士として同じ仕事をするなら、できるだけ待遇がいい職場で働きたいですよね。
横浜

歯科衛生士がプライベートを充実させるなら横浜が良い理由

歯科衛生士の勤務時間は8時半〜19時ごろのクリニックが多いですが、残業により帰るのは20時すぎになることも。夜遅くや休日も診療するクリニックが増えて、不規則なシフトで働く方も多いでしょう。今の給料や勤務時間では恋愛や趣味、美容にお金も時間もかけられない…と悩んでいませんか?仕事はもちろんがんばりたいけれど、プライベートを充実させるのも大事ですよね。
横浜

神奈川県で歯科衛生士をするなら横浜が良い理由

今や歯科医院はコンビニの数より多いと言われています。確かに街中を見渡せば、あっちこっちで歯科医院の看板を目にしますよね。そして人口の多い都心へ行けば、より多くの歯科医院が存在します。しかし、どのエリアで転職や就職をして歯科衛生士の仕事をしたら毎日楽しく充実した生活を送れるだろうか?と悩んでいる方は多いのではないでしょうか。せっかく働くのであれば、働きやすく、立地条件良い場所で働きたいと思いませんか?そこで今回は、神奈川県で歯科衛生士をするのであれば、なぜ横浜が良いのかということを、現役の歯科衛生士がわかりやすくお伝えしていきます。これを読んだあなたは、横浜で歯科衛生士として働きたくなること間違いなしです。
横浜

歯科衛生士が上京するなら横浜が良い理由

歯科衛生士学校を卒業した人や、別のクリニックへ転職を考えている人の中で、地元から都会に上京して働きたいと考える方が増えています。そこで転職先としてお勧めしたいのが、神奈川県にある横浜です。ではなぜ上京するなら横浜がよいのか、その理由をご紹介したいと思います。
横浜

横浜で働く歯科衛生士の特徴

「横浜」と聞くと、どんなイメージが思い浮かびますか?東京と隣接しており、都会的で華やかな印象が強く、プライドが高くて付き合いにくいと思われる方もいるかもしれません。しかし横浜で働く歯科衛生士の方たちは素直で仕事熱心ということもあり、院長からの信頼も厚いのが特徴です。今の歯医者では物足らない方、転職をお考えの歯科衛生士の方、横浜の魅力を中心に紹介いたしますので是非参考にしてみて下さい。
横浜

歯科衛生士が仕事後に遊びに行くなら『横浜』が良い理由

歯科衛生士として働く場所に迷っていらっしゃる20代女性には神奈川県横浜市がオススメ!横浜は『住みたい街ランキング関東版』でも毎年上位に挙がる街としても有名な街です。「どんな街なの?」「都心の東京ではなく、なぜ横浜なの?」「上京しても大丈夫?」と気になる方に、ぜひ参考にしていただきたい情報をご紹介します。
横浜

勤務先を横浜に変える歯科衛生士が増えている理由

神奈川県横浜市の歯科医院では近郊だけでなく、東京、千葉、埼玉から通勤している歯科衛生士が多くいます。いわゆる「横浜ブランド」を求めて勤務地を選ぶ人もいますが、横浜の歯科医院の魅力はそれだけではないようです。