ブランクのある歯科衛生士は研修制度のある求人を探そう!

仕事

歯科衛生士は女性が多いため、結婚や子育ての期間に仕事を離れ、落ち着いた頃に復職する人は多いものです。しかし、ブランクのある状態から復職することには、様々な悩みや不安がつきまとうものです。

そこで、この記事ではブランクのある歯科衛生士の特徴を整理し、復職に向けて取り組むべきことを解説します。

ブランクのある歯科衛生士の悩みや不安

子育てや家庭と両立できるか

復職するときには子育てや家庭と両立することが必要ですが、本当にちゃんと両立出来るのかを不安に思う人は少なくありません。実際に働き始めると、定時ですぐに帰らなければならない、自己学習する時間を十分に確保出来ない、子どもが急な体調不良で迎えに行かなければならないといった状況になることは少なくありません。しかし、ブランクのある歯科衛生士を歓迎する歯科クリニックは多く、子育てや家庭と両立しやすい環境を整えています。そのような歯科クリニックを選んで復職し、少しずつ仕事とのバランスを整えていきましょう。

知識や技術が衰えている

歯科衛生士が行う仕事は専門的な知識に根付いた専門技術であり、常に磨き続けなければならないものです。これは日々の業務のなかで自然と行えるものですが、ブランクがあるとどうしても衰えてしまいます。また、復職したときには復職前と異なる手技や考え方が現場では行われることや、歯科クリニックを変更すると求められる知識や技術が異なることもあります。まずはブランク前と同じように働けると思わず、ゆっくり慣れるように仕事に取り組んでいきましょう。また、ブランクであることを職場に事前に伝えておき、仕事に慣れるまで時間が少しかかることを院長やスタッフに理解してもらうようにしておきましょう。

そもそも復職出来るか

復職を考えたとき「歯科衛生士としてちゃんと雇ってくれるのだろうか…」という不安を抱える人が少なくありません。しかし、先述したように、歯科クリニックではブランクのある歯科衛生士を歓迎し、働きやすい環境を整えているところが少なくありません。この背景には、歯科衛生士は国家資格であり、常に引く手あまたの状況にあることがあります。実際、歯科衛生士の有効求人倍率は20倍であることが報告されており、多くの歯科クリニックが歯科衛生士の存在を求めている状況にあります。

ブランクのある歯科衛生士が復職するには

生活と仕事を両立しやすい職場を選ぼう

歯科クリニックには様々な職場があり、先述したようにブランクのある歯科衛生士でも働きやすい環境を整えているところは少なくありません。しかし、急な休みが取りにくく、残業が多いために子育てや家庭と両立しにくい歯科クリニックもあります。まずはどのような働き方であれば生活と仕事を両立出来るのかをしっかりと考え、そのうえで職場を選ぶようにしましょう。

知識や技術を取り戻すためには研修制度がぴったり

ブランクのある歯科衛生士が知識や技術の衰えを取り戻すときには、現場でゆっくりと働きながら慣れていくという方法をとることが少なくありません。しかし、ブランクのある状態で実際の患者さんと関わることは怖いという人もたくさんいます。そこで利用したいのは、横浜市新横浜に本社があるu2株式会社が行っている研修制度です。これはu2株式会社が提携している歯科クリニックで復職前に研修を行うことが出来、そこから転職活動を行うというものです。研修を利用することで安心した環境で知識や技術を再獲得することが出来ます。

u2株式会社の「紹介予定派遣制度」を活用しよう

実際に復職に向けた転職活動を行う際には、u2株式会社の「紹介予定派遣制度」を活用することがおすすめです。これはu2株式会社に社員として雇用された状態(社保完備・平均月給30万円以上・有給・ボーナス・退職金有という高待遇)で様々な会社にお試し入社することが出来、あなたと会社の双方が納得した場合には実際に転職(復職)するというものです。ブランクのある歯科衛生士にとっては、実際にお試し入社することで本当に復職してもよい職場か分かるため、転職活動を行うにもぴったりといえます。

おわりに

この記事では、ブランクのある復職を考えている歯科衛生士に向けて、ブランクのある歯科衛生士の特徴や復職に向けて取り組むべきことを解説しました。復職には生活と仕事を両立させること、知識や技術を取り戻すことなどの課題があります。そのため、あなたに合った働き方を考え、そのうえでブランクのある歯科衛生士を歓迎している歯科クリニックを選ぶようにすると良いでしょう。また、知識や技術に不安がある場合には、u2株式会社の研修制度を利用することがおすすめです。u2株式会社は、悩みや不安を抱える歯科衛生士をしっかりとサポートします。まずはお気軽にお問い合わせください。