結婚・出産で諦めていた歯科衛生士として活躍すること 再チャレンジで気付けた私なりの働き方

転職日記

結婚・出産で歯科衛生士の世界を離れる

歯科衛生士のほとんどは女性です。そして、女性にとって大きなライフイベントには結婚と出産があり、それを機に歯科衛生士として働くことを完全に辞める人が少なくありません。私は歯科衛生士として働き始めたときには「結婚しても、出産しても、絶対に歯科衛生士としてまた復帰する!」と強く思っていました。今は女性も働くことが当たり前、男性も家事や育児をすることが当たり前の世の中です。歯科衛生士として働き続けることも当たり前だと思っていました。でも、実際に結婚と出産を経験してみると、そんな簡単なことではないことに気付きました。私だけの都合でスケジュールを組んで生活することが出来ませんし、夫が協力してくれると言っても家事や育児の中心は私になってしまいます…働くために家を出ることが出来る時間なんて限られているという状況でした。

歯科衛生士として働くことを諦める友人や同級生

「このまま歯科衛生士として働くことは諦めないといけないのかな…」そんなことを思っていました。実際、歯科衛生士の友人や同級生と連絡を取ってみると「歯科衛生士として働くことはもう難しいかな、現場に戻っても患者さんやスタッフに迷惑をかけるだけだし」「歯科衛生士として復帰するのは難しいから、カフェとかスーパーで働こうかなって思ってるの」「もう歯科衛生士はいいから、このまま専業主婦でやっていけないかなって考えてるの」といった声ばかり。それぞれの事情や思いは違いますが、やっぱりみんな歯科衛生士として復帰することを諦めていたようでした。「そんなことはない!もしかしたら、私の周りだけかもしれない!」そう考えて、インターネットで歯科衛生士の離職理由と復帰出来ない理由を調べてみました。すると、離職理由は出産・育児・結婚で20%、復帰出来ない理由は勤務時間が57%となっていました。復帰したいけど復帰出来ない…というのは全国の歯科衛生士に共通する問題なようで、ますます歯科衛生士として復帰することは難しいと思うようになってしまいました。

 

歯科衛生士として復帰を決意したのはインターネット広告

そんなとき、一つのインターネット広告が目に入りました。横浜で歯科業界の人材サービスを行っているu2株式会社の広告でした。『時短勤務のママさんでも安心して働けます!』といった内容で、まさに今の私のことだと思いました。急いで詳しくホームページを見てみると、u2株式会社は横浜市に根付いた地域密着型で、横浜市の全ての歯科クリニックに実際に訪問して徹底的な情報収集を行っていることでした。「もしかしたら、今の私でも歯科衛生士として働くことを諦めなくても良いかもしれない!」そう感じて、さっそく会員登録してみました。私の転機になるかもしれないと考えると、諦めていた気持ちが希望に満ち溢れてくるような気持ちに変化していくことが手にとるように分かりました。

安心して働き始めることが出来たu2株式会社のサポート

実際、u2株式会社は私にぴったりの働き方を提案してくれました。というのも、私が働くことの出来る時間や場所を丁寧にヒアリングしてくれて、そのうえで条件にマッチする歯科クリニックを紹介してくれたためです。これまでは、歯科衛生士として働くには、どこかで家庭を犠牲にしなければならないと思っていましたが、それは逆でした。私が空いた時間で無理なく働けるように働き方を調整してくれて、仕事と家庭のリズムを作ることが出来たことで、どちらも充実させることが出来ました。また、ブランクがあったので歯科衛生士としてのスキルにも不安があったのですが、その点もフォロー体制(教育体制)のしっかりと整った歯科クリニックを紹介してくれたおかげで、不安はすぐになくなりました。限られた時間のなかで私にとって大切な歯科衛生士としての時間を過ごせるようになったことは、私にとって大きな幸せです。

歯科衛生士として働くことを諦めているママさんたちに

私は今、結婚と出産を経て、家庭と仕事を両立しながら、私らしい歯科衛生士としての働き方を実践しています。これは今となっては当たり前ですが、u2株式会社が私の条件を理解してぴったりの歯科クリニックを紹介してくれたおかげで実現することが出来ました。もし、あなたが歯科衛生士として働くことを諦めていたら、ちょっと踏みとどまってみてください。まずは一人で悩まないようにしてください。歯科業界に詳しい専門家たちに相談してみてください。そして、もし横浜市に住んでいればu2株式会社に相談してみてください。きっと、家庭と仕事を両立が出来て、あなたらしい生活が送れるようになるはずです。